RSS

バンコク郊外のイケアで何食べる?

2017年11月10日(金) 11時34分(タイ時間)
 の画像
 
 自宅の近所なのでたまに行くのが、バンコク郊外のショッピングコンプレックス、メガバンナー内の「Ikea Restaurant」。おなじみセルフサービスのお店です。

 母国スウェーデンをアピールしていますが、1国ではインパクトが弱いのか、「北欧」として料理を揃えています。といってもやはり、「どれが北欧料理?」となってしまいます。セルフサービスなので並べられた料理を順番に取っていくのですが、最初になぜかデザート類があります。その次にサラダ類。ケーキやパイなどにスカンジナビア諸国の国旗、といってもスウェーデンとノルウェーぐらいしか見たことがないのですが、とにかく北欧であることを訴えています。

 個人的に北欧を感じる料理だと思うのがサーモンマリネ、「Marinated Salmon」(160B)です。どちらかというとサーモンはノルウェー、マリネはニシンでフィンランド、というイメージなのですが、こだわり過ぎると食べたいものがなくなってしまいます。

 サーモンマリネはオイルたっぷりで、そこにライムでなくレモンを絞り、辛くないマスタードをたっぷり付けて食べます。ほかに食べたいものといえばマヨネーズをたっぷりのせてくれるフライドポテトぐらいなので、イケアにはサーモンマリネだけを食べに来ているようなものです。

 メインディッシュはポークだったりチキンだったりと、どこの国にでもあるメニュー。イケアはミートボールが人気ですが、ミートボールなんて米国や英国にだってあります。となると自分はやはり、サーモンマリネだけです。
《newsclip》

特集



新着PR情報