RSS

帝国通信工業、業績不振のインドネシア子会社解散

2017年11月15日(水) 00時58分(タイ時間)
【インドネシア】帝国通信工業(川崎市)は14日、インドネシアの全額出資子会社で電子部品を製造するノーブルバタム(資本金1778万ドル)を解散すると発表した。

 平成28年12月期に132万ドルの最終赤字を出すなど赤字経営が続き、業績の好転が見込めないと判断した。

 日本、ベトナムなどの子会社への生産移管を順次進めており、解散による重要な影響はないという。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】淀川製鋼所(大阪市中央区)は28日、タイの非連結子会社ヨドコウ(タイランド)を解散すると発表した。事業戦略の一部見直しの一環。

【タイ】シキボウ(大阪市中央区)は7月31日、タイの持分法適用会社タイシキボウ(資本金2億3750万バーツ)を解散、清算すると発表した。

【マレーシア】OEM(相手先ブランドによる生産)商品の企画開発、プロモーションなどを手がけるレッグス(東京都港区)は20日、全額出資のマレーシア子会社レッグス・マーケティング・サービス・マレーシア...

【タイ】泉州電業(大阪府吹田市)は24日、バッテリーフォークリフトのバッテリー充電器を製造販売するタイ子会社センシュウ・エレクトリック(タイランド)(アユタヤ県ロジャナ工業団地)を解散、清算すると...

【タイ】日本化学産業は4日、タイの全額出資子会社で電解ニッケルめっき加工を手がけるネクサス・エレケミックを解散、清算すると発表した。



新着PR情報