RSS

タイ航空、総2階建て機A380のエンジン改修

2017年11月16日(木) 15時16分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は14日、同社が運航する総2階建て超大型旅客機A380―800型機1機の運航を一時中止すると発表した。

 エンジンに不具合があり、英ロールス・ロイスのシンガポール工場で改修を行う。

 A380をめぐっては、今年9月、エールフランスの同型機が飛行中にエンジンを損傷してカナダに緊急着陸する事故が起きている。

 タイ航空が運航するA380―800型機は同社のホームページによると6機。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空のボーイング787型機(ドリームライナー)の一部がエンジンの改修のため運航できなくなっている。別の機種で代替して対応し、9月までに正常運航に戻る見通しだという。



新着PR情報