RSS

西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

2017年11月19日(日) 20時31分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、西日本鉄道
周辺地図の画像
周辺地図
画像提供、西日本鉄道
【インドネシア】西日本鉄道(福岡市)はインドネシアに合弁会社を設立し、ジャカルタ東郊のブカシ市で分譲マンションを開発する。総事業費は約44億円。

 西鉄が45%、インドネシアの不動産デベロッパー、ダマイ・プタラ・デベロップメントが55%出資する合弁会社を通じ、8673平方メートルの敷地に、1ルーム、平均専有面積23平方メートルを中心とする1531戸を建設する。

 2021年10月に第1期590戸、2022年6月に第2期941戸が完成する予定。平均販売価格約230万円を見込む。

 ブカシ市は人口約260万人のベッドタウンで、急速な人口増加と産業の発展が続き、今後も高い住宅需要が見込まれる。
《newsclip》

注目ニュース

東急不動産と三菱商事、ジャカルタ郊外に大規模マンションnewsclip

【インドネシア】東急不動産は12日、ジャカルタ郊外で三菱商事と共同開発中の分譲マンション「BRANZ BSD」(計約3000戸)の第1期開発の3棟(1256戸)を上棟したと発表した。2018年竣工...

大和ハウスなど ジャカルタ郊外で大規模マンション開発newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業(大阪市)と海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区)はインドネシアの不動産デベロッパー、TRIVOと共同で、ジャカルタ南東部で大規模な複合都市開発に乗り出す。

西鉄、ベトナム北部ハイフォンで住宅開発newsclip

【ベトナム】西日本鉄道(福岡市)はベトナム北部のハイフォン市で住宅開発に乗り出す。

西鉄、バンコク・アソーク駅前にホテル 2020年開業newsclip

【タイ】西日本鉄道(福岡市)はバンコク都心の高架電車BTSアソーク駅前でホテルを開発運営する。6月下旬着工、2020年春開業の予定。

阪急不動産と西鉄、ホーチミン市南郊で大規模住宅開発 投資額420億円newsclip

【ベトナム】阪急不動産(大阪市)と西日本鉄道(福岡市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市南郊で分譲住宅を開発する。総事業費は約420億円。

インドネシア複合都市開発に、西鉄・阪神・京急の鉄道3社が出資newsclip

インドネシア・ジャカルタ郊外で、日本の鉄道会社が初めて複合都市開発事業に乗り出す。



新着PR情報