RSS

三菱商事、フィリピンで鉄道車両受注内定

2017年11月21日(火) 01時52分(タイ時間)
LRT1号線車両イメージの画像
LRT1号線車両イメージ
画像提供、三菱商事
【フィリピン】三菱商事は20日、マニラLRT(主に都市内で運行される近代型の軽量軌道交通)1号線向けの鉄道車両の受注内示をフィリピン運輸省から受けたと発表した。

 契約予定金額は約300億円で、日本政府の円借款で手当てされる。供給する車両は120両(30編成)で、スペインの鉄道車両最大手CAFが日本製の機器類を採用して製造する。納入時期は2020―2022年。

 LRT1号線はマニラ首都圏を南北に走る約20キロの高架鉄道。沿線の開発にともなう利用客の増加を受け、既存路線の南方にあるカビテ州方面に約12キロの延伸工事が進められている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】安倍首相は14日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議のため訪問したフィリピンで、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家最高顧問と約15分会談した。

バンコク都市鉄道パープルライン、路線接続で運賃大幅値上げnewsclip

【タイ】バンコク都バンスー区と北西郊外のノンタブリ県を結ぶ都市鉄道パープルラインが時限措置として導入していた運賃引き下げを撤廃し、11月1日から、運賃を大幅に値上げした。

【タイ】タイのテレビ報道によると、28日夜、バンコク北郊ノンタブリ県の都市鉄道パープルライン・バンラックヤイ駅で、駅の天井のアルミ製パネル数枚が強風ではがれ、地上の道路や駅2階の改札付近に落下する...

バンコク北郊と南郊接続 都市鉄道23キロ延伸、2023―24年開業目指すnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は25日の閣議で、バンコク首都圏の都市鉄道パープルラインの南側延伸区間の建設を承認した。完成すると、バンコク北郊のノンタブリ県と南郊のサムットプラカン県が鉄道で接続される。

【タイ】タイ軍事政権は11日の閣議で、バンコクとラオス国境のタイ東北部ノンカイ市を結ぶ高速鉄道計画の第1弾として、バンコクとタイ東北部の主要都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道の建設を承認した。全長...

特集



新着PR情報