RSS

レクサス LS 新型、中国向けガソリン車はターボなし【広州モーターショー2017】

2017年11月21日(火) 10時44分(タイ時間)
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)の画像
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)の画像
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)の画像
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)の画像
レクサス LS 新型(広州モーターショー2017)
レクサスは11月17日、中国で開幕した広州モーターショー2017において、新型『LS』の中国仕様車について、ガソリンが「LS350」、ハイブリッドが「LS500h」になると発表した。

新型LSのガソリンエンジン搭載車は、日本や米国、欧州では「LS500」の1グレードのみ。LS500には、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、排気量を3445ccにダウンサイズしながら、2個のターボで過給。最大出力422ps/6000rpm、最大トルク61.2kgm/1600~4800rpmを引き出す。

これに対して、新型LSの中国向けのガソリン車となるLS350グレードには、自然吸気の3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを搭載。現時点ではスペックは公表されていないが、レクサスによると、力強い加速や高い燃費性能、静粛性を備えているという。

なお、新型LSの中国ベース価格は、LS350グレードが90万元(約1520万円)、LS500hグレードが97万元(約1640万円)と公表されている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報