RSS

ITサービスのCAC、シンガポール子会社売却 買収後に業績悪化

2017年11月22日(水) 23時50分(タイ時間)
【シンガポール】企業向けITサービスと医薬品開発支援などを手がけるCACホールディングス(東京都中央区)は22日、医療機関向けにITサービスを提供するシンガポール子会社シエラ・ソルーションズの持ち株すべて(発行株式の70%)を譲渡すると発表した。

 2015年に約15億円で買収し、人的支援や資金援助を行ってきたが、2015年3月期に約9億8000万円だった売り上げが2017年3月期には約5億7000万円に減り、約2億4000万円の赤字に転落。業績の好転は見込めないと判断した。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】企業向けITサービスと医薬品開発支援などの業務受託を手がけるCACホールディングス(東京都中央区)は6日、医療機関向けSAP製品を扱うシンガポール企業シエラ・ソルーションズの株式7...



新着PR情報