RSS

貨物港運営のサハタイ・ターミナル、タイ2部上場

2017年11月24日(金) 02時08分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、SET
【タイ】バンコク南郊サムットプラカン県のチャオプラヤ川で貨物ターミナル、サハタイ港を運営するサハタイ・ターミナルが23日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

 銘柄コードは「PORT」。公開価格4・5バーツ、初日終値は6・25バーツだった。

 新規株式公開(IPO)で調達した約5億2000万バーツは事業拡張、借入金の返済などに充てる。

 2008年設立。従業員約340人。2017年1―6月期は売上高6億4230万バーツ、最終利益2148万バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】商船三井は28日、タイのターミナル事業会社サハタイ・ターミナルと合弁で、コンテナバージ専用ターミナル運営会社バンコク・バージ・ターミナルをタイに設立したと発表した。



新着PR情報