RSS

大阪ガス、バイオガス精製し自動車燃料に タイで実証事業

2017年11月28日(火) 00時12分(タイ時間)
実証プラントの画像
実証プラント
写真提供、大阪ガス
【タイ】大阪ガスは27日、農業残渣などから発生するバイオガスから二酸化炭素などを取り除いて高純度のメタンガスを製造し、天然ガス自動車に供給する商用実証事業をタイで開始したと発表した。

 パーム(あぶらヤシ)製品の製造販売を手がけるタイ企業アグリカルチャー・オブ・ベイシン(ABC)のパーム油工場(タイ南部ナコンシータマラート県)で、工場廃水中の有機物をメタン発酵させ、発生したバイオガスを大阪ガスが精製し、メタンガスを製造する。アグリ社は精製メタンガスを自社が所有する天然ガス自動車の燃料として利用する。実証事業は約1年間実施する予定。

 農業が重要産業の一つであるタイではサトウキビの搾りかすやパーム残渣、食品系工場廃水といったバイオマス資源が豊富で、天然ガス自動車の普及も進んでいる。大阪ガスは独自のハイブリッド型バイオガス精製システムにより、タイでバイオマス資源の有効活用を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ、日本】日本の環境省は21日、途上国への環境技術提供による温室効果ガス排出削減分を日本側に算入する2国間クレジット制度(JCM)で、タイで初めてプロジェクトの登録が行われたと発表した。JCM...

ブルネイから水素を運ぶ実証実験、2020年度に開始…千代田化工建設newsclip

様々な産業界のプラント技術や素材が集まる展示会のINCHEM TOKYO(21~22日、東京ビッグサイト)。これまで色々な分野のプラント建設を手がけてきた千代田化工建設のブースには、燃料電池車の燃料となる水素の供...

着脱式可搬バッテリーを使った余剰電力活用システム…ホンダなどが実証実験をフィリピンで開始newsclip

ホンダは9月25日、可搬式バッテリーを利用した充電ステーションユニット「ホンダ モバイルパワーパック エクスチェンジャー」をフィリピンのロンブロン島に設置し、駒井ハルテックと共同でCO2削減に向けた実証実...

10分で30km、急速充電EVバス…東芝インフラシステムズなど、マレーシアで実証運行開始newsclip

東芝インフラシステムズなど4社は8月28日、10分間の超急速充電で高い運行頻度を実現するEVバスの実証運行をマレーシアで開始した。

【シンガポール】住友化学は17日、シンガポール農食品獣医庁と共同で取り組んでいる都市型農業モデルの開発プロジェクトで、8月から、同庁の研究施設のビル屋上で本格的な栽培実証試験を開始すると発表した。

パナソニック、自律走行する電動車いすの公開実証実験を羽田空港で開始newsclip

パナソニックは、ロボット電動車いす「WHILL NEXT」による自律走行の公開実証実験を羽田空港にて8月8日より開始した。

【タイ】NECは25日、タイの災害警報発出機関である国家災害警報センターと共同で、タイ北部チェンマイ県で土砂崩れシミュレーションシステムを活用して土砂崩れの危険区域を予測する実証実験を行い、システ...

【ベトナム】日立造船は24日、ハノイ市のごみ処理場の敷地内にベトナム初の廃棄物焼却発電プラントを建設し、4月1日から実証運転を開始したと発表した。

特集



新着PR情報