RSS

日清紡テキスタイル、インドネシアでデニム事業強化

2017年11月29日(水) 23時53分(タイ時間)
【インドネシア】日清紡テキスタイルはインドネシアの合弁会社でデニム生地の生産(織布、染色)を手がけるマラカサリ日清紡デニムインダストリーに染色設備を追加導入する。

 マラカサリ日清紡デニムインダストリー(資本金650万ドル)は日清紡テキスタイルが49%、インドネシアのデニムメーカー、マラカサリが51%出資し設立。2011年から、米国デニムアパレル向け輸出品やオリジナル製品を生産している。国内外のプレミアムジーンズ用生地の安定生産が可能となったことから、既存のロープ染色ラインに硫化染色設備を追加導入し、カラーデニムなど生産品目を増やす。2018年1月稼働の予定。

 日清紡テキスタイルは今回の生産体制強化で、天然繊維のすべての分野で、インドネシアでの一貫生産体制が整う。
《newsclip》

注目ニュース

日清紡、中国5拠点目の自動車ブレーキ用摩擦材生産拠点を設立newsclip

日清紡ホールディングスは6月19日、中国5拠点目となる自動車ブレーキ用摩擦材の生産拠点「賽龍(煙台)汽車部件有限公司」を山東省煙台市に新設すると発表した。

特集



新着PR情報