RSS

大成建設、ヤンゴン中心部の大規模再開発受注

2017年12月1日(金) 01時40分(タイ時間)
完成イメージの画像
完成イメージ
画像提供、三菱商事
【ミャンマー】大成建設(東京都新宿区)は30日、ヤンゴン中心部の大規模再開発事業「ヨマ・セントラルプロジェクト」の建設を受注したと発表した。仏建設大手ブイグのグループ会社バイマと特定目的会社(SPC)を設立し、共同で施工する。2021年7月完工の予定。

 「ヨマ・セントラルプロジェクト」にはミャンマーの大手企業グループであるサージ・パン・アンド・アソシエーツ(SPA)グループ、三菱商事、三菱地所、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)、アジア開発銀行(ADB)、国際金融公社(IFC)などが出資。SPAグループがオフィス、商業施設、ホテルなどを建設運営してきたヤンゴン中央駅前の土地約4ヘクタールを再開発し、新たにオフィスビル2棟(地上24階)、マンション1棟(地上27階)、ホテル・サービスアパート1棟(地上27階)、商業施設などを建設する。延床面積26万5138平方メートル。
《newsclip》

注目ニュース

三菱商事、三菱地所など ヤンゴン中心部で大規模不動産再開発newsclip

【ミャンマー】三菱商事と三菱地所は12日、ミャンマーの大手企業グループ、サージ・パン・アンド・アソシエーツ(SPA)グループと共同で、同国最大の都市ヤンゴンの中心部で大規模複合不動産再開発事業を行...

老舗ホテル「デュシタニ・バンコク」 複合不動産に再開発newsclip

【タイ】タイのホテル大手デュシタニはバンコク都心のシーロム通りとラマ4世通りの交差点にある旗艦ホテル「デュシタニ・バンコク」を取り壊し、タイ流通大手セントラルグループの不動産会社セントラル・パタナ...

【タイ】スペイン料理の「タパスカフェ」、屋外バー「チープチャーリーズ」などがあるバンコク都内ソイ・スクムビット11通りの一角が不動産ディベロッパーに売却され、区画内の店舗が3月31日で閉店する。

三井物産と東京建物、シンガポールでオフィスビル再開発newsclip

【シンガポール】三井物産は4日、東京建物、シンガポールの政府系不動産開発大手アセンダス・シンブリッジ・グループと合弁会社「サザンウッド・プロパティ」を設立し、シンガポールのビジネス中心地区でオフィ...

バンコク・クロントイ港近くに再開発構想newsclip

【タイ】タイ国鉄(SRT)はバンコクのクロントイ港に近いメナム駅周辺の所有地を再開発する構想を打ち出した。

特集



新着PR情報