RSS

【グビナビ】時が止まった飲茶店@シーロム

2017年12月8日(金) 14時10分(タイ時間)
 今回は久しぶりに「飲茶」に決定。で、美味しいと評判の「シェフマン・レストラン」(イースティン・グランド・ホテル・サトン)に電話してもらったが、当然のごとく、「明日は満席」とのこと。

 タイのグルメ情報口コミサイト、ウォンナイの出番である。とりあえず「シェフマン」(バンコクの飲茶で2位だった)の近くを探し、バンコクの飲茶9位の店を発見した。「グランドパレスレストラン」という聞き覚えのない店だが、グーグルマップ上ではシーロム通り沿いにある。探すのも簡単だろうと、この店に決めた。

 翌日、シーロム通りの南西側を歩く。二昔前はバンコクの最先端地区だったが、そのまま時間が止まり、今では博物館のようだ。妙な感慨に浸りながら店を探すが一向に見つからない。それもそのはず、シーロムから入ったマヘーサク通りのビルのそのまた奥にあった。

 この界隈と同様、時が止まったような中華料理屋で、近隣の中国系タイ人の家族でごった返していた。丸テーブルに着いて、茶を注文し、運ばれて来る飲茶を適当に選んで食べた。昔ながらの見た目、味だ。

 3人で結構お腹いっぱいになるまで食べて、1人500バーツほどだった。もっと洗練されている店、もっとコストパフォーマンスのいい店もあるが、なんだかまた来てもいいような気になるから不思議だ。
《newsclip》

注目ニュース

【グビナビ】パープルライン電車で遠出 バンコク郊外の川沿いレストランへnewsclip

バンコクの地下鉄MRT(都市鉄道ブルーライン)がタオプーン駅まで延伸し、都市鉄道パープルラインに接続した。これでバンコク都心のアソーク、シーロムから北郊のノンタブリ県への移動が一気に便利になった。

【グビナビ】 辛旨いタイ南部料理「Khua Kling Pak Sod」 タイの口コミサイトでバンコク18位newsclip

バンコクのソイ・トンロー5通りにある「Khua Kling Pak Sod」。タイ南部チュムポン出身の家族が開いた南部タイ料理の店で、辛くてうまいタイ料理が食べたくなると、必ずここへ足が向く。

【グビナビ】MSG不使用うたうタイ食堂「Pキッチン」newsclip

バンコク都心のスクムビット・ソイ18通りに立地し、MSG(うま味調味料)不使用を掲げるタイ料理店。

【グビナビ】 バンコク中華街のワインバー FoudeJoie @ FooJohn Buildingnewsclip

バンコクのジャルーンクルン通りソイ31というひっそりとした中華街の外れに昨年末、突然登場したこの店「FoudeJoie」。

【グビナビ】 タイのグルメ口コミサイトでバンコク5位 「Jae Oh Khao Tom Pet」newsclip

外国人にあまり知られていない名店はないかと、タイのグルメ口コミ情報サイト「ウォンナイ」でバンコクのタイ料理店1万3267店中5位(2017年2月調べ)という「ジェーオーカオトムペット(Jae Oh Khao Tom Pet)」を訪...

【グビナビ】 マングローブ林に囲まれた海上レストラン バンコク都心から40キロnewsclip

バンコクの南郊、サムットプラカン県にあるタイ軍の保養施設「バンプー・リクリエーションセンター」を訪れた。一般人にも開放されていて、海上レストランが人気だ。

【グビナビ】 旧市街の名店「クルア・アプソン」 タイ・グルメ情報口コミサイトでバンコク13位  newsclip

バンコク首都圏で6店舗を展開するタイ料理店「クルア・アプソン」。



新着PR情報