RSS

中国自動車大手の上海汽車、タイ合弁工場完成

2017年12月10日(日) 22時13分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、CPグループ
【タイ】タイの大手財閥CPグループは8日、中国の大手自動車メーカー、上海汽車との合弁自動車メーカー、SAICモーター―CPがタイ東部チョンブリ県のヘマラート・イースタンシーボード工業団地2に建設した工場が完成し、開所式を行ったと発表した。

 新工場は年産能力約100万台、投資額約100億バーツ、敷地面積約70ヘクタール。「MG」ブランドの乗用車を製造し、タイ国内で販売するほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などに輸出する。

 SAICモーター―CPは2014年から、タイ東部ラヨン県のヘマラート・イースタンシーボード工業団地の賃貸工場で「MG」ブランドの乗用車を生産してきた。生産は今後、新工場に移管する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は8日、株主割当増資で217億バーツを調達したと発表した。調達した資金は高金利の海外事業借入金の返済に充てる。

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の不動産ディベロッパー、マグノリア・クオリティ・ディベロップメントはバンコク都内のスクムビット・ソイ101/1で複合不動産を開発中だ。

特集



新着PR情報