RSS

上組、ミャンマー・ティラワ港にバルクターミナル

2017年12月12日(火) 22時49分(タイ時間)
施設全体図の画像
施設全体図
画像提供、上組
【ミャマー】上組は11日、ミャンマーに合弁会社を設立し、同国のティラワ港で穀物、飼料などバルク貨物を主に取り扱うターミナル事業を行うと発表した。今後需要拡大が見込めるミャンマーの食品関連物流事業で先手を打つ。

 新会社は「インターナショナル・バルクターミナル(ティラワ)」。資本金3500万ドルで、上組が25%、三菱商事とミャンマーの大手複合企業キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループの合弁会社で製粉、インスタントコーヒーなどの食品事業を手がけるルビアが75%出資。ティラワ港の約8ヘクタールの敷地にターミナルを建設し、2019年4月に竣工する予定。投資額6500万ドルを見込む。
《newsclip》

注目ニュース

貨物港運営のサハタイ・ターミナル、タイ2部上場newsclip

【タイ】バンコク南郊サムットプラカン県のチャオプラヤ川で貨物ターミナル、サハタイ港を運営するサハタイ・ターミナルが23日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

【インドネシア】日本政府はインドネシアのパティンバン新港の建設とガジャマダ大学産学連携施設の整備に計1272億1500万円の円借款を供与する。

ベトナム北部ラックフェン国際港、アクセス道路・橋梁開通newsclip

【ベトナム】三井住友建設は5日、ベトナム北部ハイフォン市で建設中のラックフェン国際港へのアクセス道路・橋梁の建設が完了し、2日に開通式が開催されたと発表した。

【日本、カンボジア】カンボジアのフン・セン首相が日本を訪問し、7日、安倍首相と約75分間、会談した。フン・セン首相の訪日は21回目、安倍首相との会談は8回目。

特集



新着PR情報