RSS

三井ダイレクト損保、14カ国語で事故対応 訪日外国人増加で

2017年12月13日(水) 22時06分(タイ時間)
【日本】三井ダイレクト損害保険は13日、訪日外国人が関係する自動車事故の増加に対応するため、3者間通話を使った多言語事故対応サービスを通販損保として初めて開始すると発表した。

 事故で日本語以外の言語での意思疎通が必要な場合、通訳を介在させて円滑な事故対応を進める。対応言語は英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語の14カ国語。初期対応、事故後の相手方への連絡などを行う。
《newsclip》

注目ニュース

成田空港駅と空港第2ビル駅で「おもてなしガイド」を試行 12月18日からnewsclip

JR東日本とヤマハは、12月18日から当分の間、千葉県成田市の成田空港駅と空港第2ビルで、ヤマハが開発した「おもてなしガイド」を活用した多言語実証実験を行なう。

【アジア】スウェーデンの教育大手EFエデュケーション・ファーストが成人の英語能力を指数化した2017年版のEF英語能力指数で、タイは80カ国・地域中53位と、前年から3つランクを上げた。

富士通テン、4か国語対応ナビを発売…訪日外国人のレンタカー需要に対応newsclip

富士通テンは8月9日、レンタカーやリース車両向けの多言語カーナビゲーションを発売した、と発表した。4か国語対応、自動地図更新で、訪日外国人のレンタカー需要に対応する。

損保ジャパン日本興亜は、外国人の事故当事者に対する安心の提供を目的に、業界初の自動車保険事故の「14か国語対応」を5月より開始した。

多言語表示や自動配信…JR東海、ネットや駅の運行案内を強化へnewsclip

JR東海は4月21日、駅やインターネットで提供している運行情報を充実させると発表した。まず2019年3月、同社ウェブサイトで提供している運行情報の充実化を図り、これ以降は駅改札口に設置している電光掲示板を順...

スワンナプーム空港に情報キオスク、中国語など4カ国語対応newsclip

【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム空港の旅客ターミナルにタッチパネル式の情報キオスク53台が設置された。フライトや空港内の店舗などの情報が調べられる。利用できる言語はタイ語、英語、中国語、ロシア語。

特集



新着PR情報