RSS

渋滞解消に量子コンピュータ デンソーと豊田通商が実証実験

2017年12月13日(水) 22時07分(タイ時間)
【タイ】デンソー(愛知県刈谷市)と豊田通商(名古屋市)は13日、世界初の交通系商用アプリケーションを用いた量子コンピュータの実証実験を開始すると発表した。

 タイ国内のタクシー、トラック約13万台に取り付けた専用車載器から収集した位置情報を活用し、クラウド接続したカナダのD―ウェーブシステム社製の量子コンピュータで処理する。量子コンピュータを使った渋滞解消や緊急車両の優先的な経路生成などの新しいアプリケーションの提案につなげる。

 豊田通商のタイのグループ会社、豊田通商ネクスティエレクトロニクスタイランドが2012年から提供している渋滞情報配信サービスのプラットフォームに量子コンピュータを用いた解析処理技術を組み込む。デンソーが量子コンピュータを用いた解析処理アルゴリズムの実装、豊田通商がアプリケーションの実装を担当する。

 量子コンピュータは膨大な組み合わせを同時に探索する計算方式を用いるため、特定の計算において従来のコンピュータの1億倍以上の高速化が有望視される。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの交通渋滞緩和プロジェクト終了、トヨタモビリティ基金が助成newsclip

トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、TMF初の助成プロジェクトであるタイ・バンコクにおける交通渋滞緩和プロジェクトを終了し、4月20日にバンコクにて成果を発表するクロージングセレモニーを開催した。

【タイ】オランダのカーナビメーカー、トムトムが2016年のデータをもとにまとめた交通渋滞がひどい都市のランキングで、バンコクはメキシコシティに次いで世界2位だった。

渋滞最悪はLA、バンコク12位 米社調査newsclip

【アジア】交通データ解析の米INRIXが38カ国・地域1064都市の渋滞状況を分析した2016年版の調査で、世界で最も渋滞が激しかった都市はロサンゼルスで、ドライバーがラッシュ時に渋滞に費やす時間...

特集



新着PR情報