RSS

フィリピン東海上で台風26号発生

2017年12月14日(木) 22時17分(タイ時間)
【フィリピン】日本の気象庁によると、14日午前、フィリピンの東の海上で台風26号(カイタク)が発生した。

 14日午後9時時点で、中心気圧1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は秒速18メートル、中心から220キロ全域が風速15メートル以上の強風域となっている。

 15日までほぼ停滞した状態で、16日から西北西にゆっくり進み、17、18日にかけ、ルソン島の南端付近を通過すると予想される。
《newsclip》

注目ニュース

洪水で滑走路浸水のナコンシータマラート空港、10日に運航再開newsclip

【タイ】洪水で滑走路が浸水したため7日から閉鎖されていたナコンシータマラート空港(タイ南部ナコンシータマラート県)が10日朝、運航を再開した。

死者15人、被災者133万人 タイ南部の洪水被害拡大newsclip

【タイ】タイ南部で大雨による洪水の被害が拡大している。

【タイ】5日午後11時ごろ、タイ南部ナコンシータマラート県で、乗客、乗員52人が乗ったバスが洪水で浸水した区間に突っ込み横転し、乗客のタイ人女性2人(68、63)が死亡した。

特集



新着PR情報