RSS

日立、シンガポールで取締役会

2017年12月15日(金) 00時40分(タイ時間)
【シンガポール】日立製作所は13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の統括会社を置くシンガポールで取締役会を開催した。海外での取締役会は5回目で、ASEANでは初めて。

 取締役会では、都市インフラ、デジタルインフラ、製造・物流効率化、サービスプラットフォームの4つを中核事業とするASEAN地域戦略について議論し、現在約5000億円のASEANでの事業規模を2021年度までに7000億円に拡大する目標を立てた。
《newsclip》

注目ニュース

日立オートモーティブとホンダ、中国に電動車両用モーターの新会社設立…2020年度量産開始newsclip

日立オートモティブ電動機システムズは、中国・広州市に電動車両用モーター事業の新会社「日立汽車馬達系統(広州)有限公司」を11月17日に設立したと発表した。

【インドネシア】日立製作所は7日、監視カメラの顔画像からリアルタイムに探したい人物を発見する映像解析システム「インテリジェント・ビデオ・アナライシス・システム」をインドネシアで販売すると発表した。

日立物流、マレーシアに低温物流センターnewsclip

【マレーシア】日立物流はクアラルンプールの南約50キロのヌグリスンビラン州ニライ工業団地に冷凍冷蔵品の保管配送用の物流センターを建設し、2018年11月に開業する。

三菱日立パワーシステムズ、インドネシア向けガスタービン出荷newsclip

【インドネシア】三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は10月31日、インドネシアの国営電力会社PLNから受注したガスタービン2基を高砂工場(兵庫県高砂市)から出荷したと発表した。

日立産機システム、ミャンマーで配電用変圧器5400台受注newsclip

【ミャンマー】日立産機システムは28日、ミャンマーの合弁会社、日立SEMがミャンマーの電力エネルギー省から配電用変圧器約5400台を受注したと発表した。受注金額は約1500万ドル。

特集



新着PR情報