RSS

JAL、2月から燃油サーチャージ値上げ タイ片道4500円

2017年12月15日(金) 00時41分(タイ時間)
【アジア】日本航空(JAL)は燃油価格の上昇を受け、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2018年2月発券分から値上げする。

 2月1日以降の燃油サーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼韓国、極東ロシア500円(現行300円)▼中国、香港、台湾2500円(同1500円)▼ベトナム、フィリピン、グアム、パラオ3000円(同2000円)▼タイ、シンガポール、マレーシア4500円(同3000円)▼ハワイ、インド、インドネシア、スリランカ6000円(同4000円)▼欧州、北米、中東、オセアニア1万500円(同7000円)――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ、日本】日本航空(JAL)はタイ国際航空とのコードシェア(共同運航)を10月28日搭乗分をもって休止する。9月14日、自社ホームページで明らかにした。

【アジア】日本航空(JAL)は燃油価格の上昇を受け、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月発券分から値上げする。

【アジア】日本航空(JAL)は国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を8月発券分から値下げする。燃油価格が下落したため。

JAL、バンコク空港のラウンジ改装 「日本亭」の料理提供newsclip

【タイ】日本航空(JAL)はバンコクのスワンナプーム国際空港の自社ラウンジ「サクララウンジ」を改装し、3月1日にリニューアルオープンする。

【日本、シンガポール】航空関連のデータ集計を手がける米フライトスタッツがまとめた2016年の航空会社の定時到着率(定刻に対して遅延15分未満に到着した便の全体に占める比率)調査で、日本航空(JAL...



新着PR情報