RSS

18年の有望業種「IT」「医療」など タイ商業会議所大学調査

2017年12月17日(日) 17時23分(タイ時間)
【タイ】タイ商業会議所大学経済ビジネス予測センターがまとめたタイの2018年の有望業種の1位に「IT」が挙げられた。

 2位は「医療、美容整形」、3位「電子商取引」、4位「化粧品、スキンケア用品」、5位「石油化学、プラスチック」、「物流」、6位「モダントレード(小売り)」、「金融」、「食品、飲料」、7位「薬局」、8位「教育」、「観光」、9位「保険」、「不動産」、「占い、お守りなど信仰関連」、10位「建材、建設」、「美容院」――。

 逆に先行きが暗いとされた業種は1位が「手工芸品」、2位「鉱業」、3位「印刷、出版」、「貸本」、4位「CD・DVDプレーヤー製造販売」、5位「CD・DVD製造販売」、「固定電話」、6位「ケーブルテレビ」、7位「農業」、8位「中古携帯電話販売」、9位「伝統的な小売り店」、10位「インターネットカフェ」――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた7―9月期のタイの実質国内総生産(GDP)は前年同期比4・3%増で、4―6月期の3・8%増を上回った。四半期のGDP伸び率が4%を上回るのは...

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告によると、10月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比0・1%低下した。

【タイ】タイ商務省がまとめた11月の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は101・45で、前年同月比1%上昇した。上昇率は過去9カ月で最高。石油価格の上昇、増税によるたばこの値上げなどが影...

【タイ】タイ国内の10月の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比13.1%増の6万8551台だった。乗用車が24.3%増、2万8739台、商用車が6.1%増、3万9812台。

【タイ】タイ商務省がまとめたタイの10月の輸出額は前年同月比13・1%増の200・8億ドル、輸入額は13・5%増の198・7億ドルだった。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の自動二輪車生産台数は10月が前年同月比6.8%減、19万5872台、1―10月が前年同期比4.2%増、209万5330台だった。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめた10月のタイ国内の自動車生産台数は前年同月比1.5%増の16万3487台だった。内訳は乗用車が4.7%増、7万353台、1トンピックアップトラックが0.7%減、9万310台...

【タイ】タイ中央銀行によると、タイ国内の商業銀行が抱える不良債権は9月末時点で4280億バーツ、不良債権比率は2・97%(2013年3月末2・17%)だった。



新着PR情報