RSS

NEC、インドネシアに広域防災システム

2017年12月19日(火) 21時49分(タイ時間)
【インドネシア】日本電気(NEC)は19日、インドネシア気象気候地球物理庁に広域防災システムを提供すると発表した。日本政府の無償資金協力事業で、2018年3月以降の稼働を予定している。

 インドネシア国内の93カ所に新設する地震計からの震度情報や地震波形情報などを衛星通信を介して気象気候地球物理庁の本部(ジャカルタ)のサーバーにリアルタイムで集約する。地震活動の常時モニタリング強化、震源解析やマグニチュード推定の精度向上などが可能で、正確、迅速な地震観測データの把握、共有による災害被害の低減や災害対応能力の向上が期待できる。

 インドネシアは2004年のスマトラ島沖地震で甚大な被害を受けるなど、地震リスクが非常に高い。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】日本電気(NEC)は22日、2015年3月に着工した東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「シーユーエス」の建設が完了し、米国のRAMテレコム・インターナショナルが主導する通...

【タイ】NECは25日、タイの災害警報発出機関である国家災害警報センターと共同で、タイ北部チェンマイ県で土砂崩れシミュレーションシステムを活用して土砂崩れの危険区域を予測する実証実験を行い、システ...

【マレーシア】日本電気(NEC)は7日、マレーシアの政府関連機関職員約20人を対象に、サイバー攻撃への対処能力の向上を目的とした演習を行ったと発表した。

【東南アジア】日本電気(NEC)はカンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、ベトナムの公務員約20人を対象とするサイバー攻撃への対処に関する研修を今後3年間、日本で実施する。

特集



新着PR情報