RSS

三栄建築設計など、ホーチミン市のマンション開発事業に参画

2017年12月24日(日) 22時41分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、三栄建築設計
【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)は22日、プレサンスコーポレーション(大阪市中央区)との合弁会社プロスエーレ(東京都新宿区)がホーチミン市でマンション開発事業に参画すると発表した。

 ベトナムの大手建設会社ホアビン傘下の不動産デベロッパー、ティエンファットと合弁会社ティエンファット・ノースイーストを設立し、ホーチミン市中心部から約8キロのビンタン区の4703平方メートルの敷地に延床面積5万1731平方メートル、総戸数351の分譲マンションを開発する。2020年6月竣工の予定。売上高約51億円を見込む。

 プロスエーレが参画するホーチミン市でのマンション開発事業は2件目。
《newsclip》

注目ニュース

近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入newsclip

【ベトナム】近鉄不動産(大阪市天王寺区)は10日、三菱商事とベトナムの不動産デベロッパー大手ビテクスコがハノイで推進中の分譲住宅開発事業に参画すると発表した。近鉄不動産が海外で住宅開発に参画するの...

サンフロンティア不動産、ベトナム中部ダナンでマンション開発newsclip

【ベトナム】サンフロンティア不動産(東京都千代田区)はベトナム中部ダナン市の中心部で高層分譲マンションを独資で開発、販売する。ダナンでの日系企業独資の分譲マンション開発は初めて。

三栄建築設計、ホーチミン市のマンション開発に参画newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)は4日、ホーチミン市のマンション開発事業に参画すると発表した。

特集



新着PR情報