RSS

東急不動産、ジャカルタで大規模複合施設開発

2017年12月24日(日) 22時42分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、東急不動産
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、東急不動産
【インドネシア】東急不動産(東京都港区)は22日、ジャカルタ中心部のメガクニンガン地区で、分譲住宅、賃貸住宅、商業施設からなる大規模複合施設開発事業「メガクニンガンプロジェクト」に着手すると発表した。

 大規模再開発が進むメガクニンガン地区の約1・1ヘクタールの敷地で、マンション、スーパーマーケット、飲食店、サービスオフィスなどが入居するビルを開発運営する。延床面積約11万平方メートル。2022年竣工の予定。

 日本政府などが出資する海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区、JOIN)が参画し、共同で開発する。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】住友商事はインドネシアで分譲マンションの開発に参入する。

西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発newsclip

【インドネシア】西日本鉄道(福岡市)はインドネシアに合弁会社を設立し、ジャカルタ東郊のブカシ市で分譲マンションを開発する。総事業費は約44億円。

【インドネシア】藤田観光(東京都文京区)はジャカルタ東部の工業団地エリア、チカラン地区に清水建設(東京都中央区)が建設する建物にサービスアパートを出店する。日系企業の駐在員、出張者向けの長期滞在型...

【インドネシア】住友林業は2日、インドネシアで戸建て分譲住宅事業を開始すると発表した。

大和ハウス、ジャカルタ郊外に大型マルチテナント型物流施設newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業は31日、ジャカルタ郊外の西ジャワ州ブカシ地区で大型マルチテナント型物流施設「DMLPフェーズ1―2」を開発すると発表した。

ジャカルタ東郊にイオンモール、インドネシア2店目newsclip

【タイ】イオンは9月30日、インドネシアで2店目のイオンモールをジャカルタ東郊に出店する。

特集



新着PR情報