RSS

王子、マレーシアで段ボール原紙生産増強 350億円投資

2017年12月25日(月) 23時10分(タイ時間)
【マレーシア】王子ホールディングス(東京都中央区)はマレーシアのグループ会社GSペーパーボード&パッケージングに段ボール原紙の生産設備を増設する。年産45万トンで、2021年4月稼働の予定。投資額は約350億円。

 王子グループの東南アジアの段ボール加工拠点は20カ所に上るが、原紙の大半をグループ外から調達し、段ボール原紙の自給率向上が課題となっていた。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】レンゴー(大阪市)は18日、ベトナムの合弁会社ビナクラフトペーパーが南部ビンズオン省ミーフック工業団地の工場に建設した段ボール原紙生産設備2号機が稼働し、年産能力が24・6万トンから4...

【マレーシア】王子ホールディングスは26日、マレーシアの段ボールメーカー、ダズン・ペーパー・インダストリアル・カンパニーを買収すると発表した。

特集



新着PR情報