RSS

タイ軍政幹部、プレム枢密院議長に年末のあいさつ

2017年12月29日(金) 00時17分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
【タイ】プラユット首相(元陸軍司令官、63)、プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官、72)らタイ軍事政権幹部は28日、プレム枢密院議長(97)のバンコク都内の自宅を訪れ、年末のあいさつをした。

 議長は高齢にも関わらず、立ったままで祝賀客にスピーチし、その後、プラユット首相にプレゼントを手渡した。

 プレム議長は1920年、南部ソンクラー生まれ。1978―1980年に陸軍司令官、1980―1988年に首相を務めた。プミポン前国王の信頼があつく、1988年の首相退任時に枢密顧問官に任命されるとともに、「ラタブルット(国家功労者)」の称号を受けた。1998年から枢密院議長。政財官界や特に軍に極めて強い影響力を持ち、年末年始やタイ正月、自身の誕生日前後には毎年、現役の軍、警察の最高幹部が祝賀に訪れる。

 プレム政権は非議員のプレム首相が特権階級や軍の威光を背景に長期政権を率いた変則的な政治体制で、「半分の民主主義」と呼ばれた。現軍政が作成し、今年4月に施行された新憲法は、非議員の首相を認め、議会上院を任命制に戻すなど、「半分の民主主義」体制の復活を目論んでいるという見方がある。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政首相 「総選挙は18年11月」newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(元陸軍司令官)は10日、民政移管に向けた議会下院(定数500)総選挙について、2018年6月に投票日を発表、同年11月に投票が行われるという見通しを示した。

国外逃亡のタイ前首相、英国に政治亡命申請かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権の報道官は1日、汚職裁判中に所在がわからなくなったインラク前首相について、英国にいるという非公式な報告をタイ外務省から受けたことを明らかにした。

【タイ】タイ軍事政権の実力者であるプラウィット副首相兼国防相が軍政と対立するタクシン元タイ首相と英国で秘密裏に会談したといううわさが流れている。タイ国防省の報道官は16日、滞在時期がずれ、会談する...

特集



新着PR情報