RSS

タイ南部で2階建てバス事故、運転手と車掌が覚醒剤摂取

2018年1月3日(水) 20時25分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、1日午後4時ごろ、タイ南部スラタニ県で、2階建てバスが道路脇の溝に落ち、乗客の米国人女性(34)ら2人がけがをした。

 バスの運転手のタイ人男(36)と車掌のタイ人男(22)の尿検査を行ったところ、覚醒剤の陽性反応が出たため、警察は2人を麻薬摂取、危険運転致傷などの容疑で逮捕した。

 バスは外国人の乗客32人を乗せ、南部クラビ県からサムイ島行きのフェリーが出るソンクラー県の港に向かっていた。
《newsclip》

注目ニュース

2階建てバスが立木に衝突 2人死亡、40人けがnewsclip

【タイ】12月30日午前5時10分ごろ、タイ北部ピジット県の国道117号線で、タイ国営長距離路線バス会社トランスポートのバンコク発北部ナーン県行きの2階建てバスが上下車線の間の溝に落ちて立木に衝突...

タイ深南部で長距離路線バス焼き討ち 死者、けが人なしnewsclip

【タイ】17日午後2時ごろ、マレーシア国境に近いタイ深南部ヤラー県ベトン郡で、10人ほどの武装した男がベトン発バンコク行きの2階建て長距離路線バスを乗っ取り、乗客、乗員を下ろした後、火を放った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、14日朝、北部チェンマイ県で、大型バスが道路脇の用水路に転落し、乗っていた韓国人旅行者12人とガイドのタイ人女性2人、運転手のタイ人男性が重軽傷を負った。

【タイ】5日午後11時ごろ、タイ南部ナコンシータマラート県で、乗客、乗員52人が乗ったバスが洪水で浸水した区間に突っ込み横転し、乗客のタイ人女性2人(68、63)が死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、25日夕方、タイ南部プーケット島で大型バスが炎上する事故があった。バスに乗っていた中国人観光客36人とタイ人運転手らは車外に逃れ無事だった。

【タイ】20日午前4時半ごろ、タイ北部ピッサヌローク県の国道12号線で、長距離路線バスが道路を外れて横転、大破し、乗客のタイ人女性1人(23)が死亡、男女9人がけをした。

【タイ】タイのテレビ報道によると、20日早朝、バンコク北郊パトゥムタニ県のパホンヨーティン通りで交通事故が相次いで発生した。事故当時、現場周辺では雨が降っていた。



新着PR情報