RSS

「自分は政治家」 タイ軍政首相、続投示唆か

2018年1月4日(木) 09時19分(タイ時間)
プラユット首相の画像
プラユット首相
写真提供、タイ首相府
【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(元タイ陸軍司令官)は3日の記者会見で、初めて自らを「政治家」と呼んだ。

 プラユット首相は2014年のクーデターで民主政権を倒し全権を掌握して以来、「政治家」を汚職や不誠実さの象徴として槍玉に挙げ、自分は「軍人」で政治改革のため首相の責務を引き受けただけという立場を取ってきた。

 しかし、3日の記者会見では、「今日は幸福の日、微笑みの日だ。私もいっぱい微笑む。しかし、以前、私は微笑んでもすぐに真顔に戻った」「今日、私は変わらねばならない。なぜなら、私は軍人ではないから。元軍人の政治家だから」と述べた。

 ここへ来ての「政治家」発言は、今年11月の実施が予想される議会下院(定数500)総選挙後も首相として続投する意欲を示したものと受け取られている。

 軍政が作成し昨年4月に施行した新憲法は国会が上院(定数250)と下院の2院制で、非議員の首相も認める。2大政党制を狙った1997年憲法の選挙制度改革が軍政の宿敵であるタクシン元首相の台頭を許したとみて、公選制の下院は大政党が不利となる選挙制度に変更。上院は当初の5年間、軍政が議員を選任し、軍幹部も議員に含まれる。

 軍が上院を通じて国会の3分の1を自動的に抑えることから、下院選後、軍主導の政権が発足し、プラユット首相が続投する可能性があるとみられているが、首相自身は態度を明らかにしていなかった。

 プラユット首相は下院総選挙について、訪米後の昨年10月、2018年11月に行われるという見通しを示していた。
《newsclip》

注目ニュース

【日本】タイのタクシン元首相は長女夫妻と孫、次女のペートーンターンさんらと北海道滞在を楽しんでいるもようだ。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ軍事政権のシリチャイ労相(退役陸軍大将、元国防次官)が1日付で辞任した。労働省の人事をめぐるプラユット首相(退役陸軍大将、元陸軍司令官)との対立が原因という見...

タイ軍政首相 「総選挙は18年11月」newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(元陸軍司令官)は10日、民政移管に向けた議会下院(定数500)総選挙について、2018年6月に投票日を発表、同年11月に投票が行われるという見通しを示した。

タイ首相訪米、トランプ大統領と初会談 イバンカ補佐官の訪タイ要請newsclip

【米国、タイ】訪米中のプラユット・タイ首相は2日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。プラユット首相が米大統領と首脳会談を行うのは初めて。

国外逃亡のタイ前首相、英国に政治亡命申請かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権の報道官は1日、汚職裁判中に所在がわからなくなったインラク前首相について、英国にいるという非公式な報告をタイ外務省から受けたことを明らかにした。

特集



新着PR情報