RSS

行方不明の前タイ首相、ロンドンでショッピング?

2018年1月5日(金) 13時52分(タイ時間)
インラク前首相とタクシン元首相(2013年)の画像
インラク前首相とタクシン元首相(2013年)
写真提供、Yingluck Shinawatra
【英国】汚職裁判中に所在がわからなくなったインラク前タイ首相とみられる女性がロンドンのハロッズ百貨店の前にいるところを写した写真が4日からインターネット上に出回り、インラク前首相が英国に滞在しているというわさが真実味を増してきた。

 タイ軍事政権はインラク前首相を犯罪者として扱っており、前首相が英国で制約を受けずに行動しているとすれば、外交的に面子を潰された形だ。

 インラク前首相とみられる女性は別の女性と一緒に写真に写っていた。英国旅行中のタイ人女性が前首相とみられる女性に記念撮影を頼んだとみられる。

 前首相をめぐっては、よく似た女性がロンドンのショッピングセンターにいるところを写した写真が昨年末、タイのメディアやインターネットの交流サイト(SNS)上に登場。前首相の一人息子のスパセークさんによく似た少年と一緒の写真もあった。

 前首相はインラク政権(2011―2014年)が導入した事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐる汚職と巨額の損失を放置したとして職務怠慢などに問われ、タイ最高裁判所が昨年9月27日、被告不在のまま、禁錮5年の実刑判決を下した。タイ軍政は判決後、前首相のパスポートを破棄し、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、国際手配した。

 判決は当初、8月25日に下る予定だったが、前首相が出廷せず、所在不明になったため、延期された。前首相は8月23日に陸路でカンボジアに脱出し、シンガポール、兄のタクシン元首相が自宅を構えるドバイを経由し、英国入りしたとみられる。

 タイ軍政の報道官は昨年10月1日、前首相が英国にいるという非公式な報告をタイ外務省から受けたと明らかにし、前首相が英国政府に政治亡命を申請する見通しだと報じた一部報道については、「前首相の個人的な事柄で、プラユット首相は関心がない。タイ政府としては、法に従って、犯罪者の身柄引き渡しを求める」と述べた。

 タクシン元首相は国外滞在中の2008年に、首相在任中に当時の妻が国有地を競売で購入したことで禁錮2年の実刑判決を受け、以来、タイに帰国していない。タイ国内では逮捕状が出ているが、国際社会では、元首相への実刑判決はタイの政治対立によるという見方が強く、元首相は英国、中国、シンガポールなどを自由に行き来している。インラク前首相もタイ国外で逮捕され、身柄を送還される可能性は低いとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

【日本】タイのタクシン元首相は長女夫妻と孫、次女のペートーンターンさんらと北海道滞在を楽しんでいるもようだ。

国外逃亡のタイ前首相、英国に政治亡命申請かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権の報道官は1日、汚職裁判中に所在がわからなくなったインラク前首相について、英国にいるという非公式な報告をタイ外務省から受けたことを明らかにした。

コメの政府間取引ねつ造、元タイ商務相に禁錮42年newsclip

【タイ】タイ政府が農家から買い取ったコメの一部を政府間取引で中国に輸出したと偽りタイ国内で転売したとして、ブンソン元商務相ら28の個人、法人が汚職などに問われた裁判で、タイ最高裁判所は25日、ブン...



新着PR情報