RSS

【グビナビ】バンコク都心のタイ食堂「Sanguan Sri」

2018年1月7日(日) 19時58分(タイ時間)
 の画像
 
 の画像
 
 の画像
 
 の画像
 
 の画像
 
 の画像
 
 バンコクの高架鉄道BTSプルンジット駅からウィタユ通りを徒歩3分。ホテルオークラとアテネホテルの間に埋もれたようなタイ食堂がある。タイ語の看板しかなく、知らずに通り過ぎた人も多いはずだ。

 月曜から土曜の昼しか営業しないので、外国人の間で知名度は低い。しかし、この近辺のオフィスで働くタイ人の間では超有名店で、昼時にはタイ人OLでごった返す。

 店に入った時点で席がほぼ埋まっていることが多い。席が空くのを待ちながら、注文する料理名を紙に書き付け、帳場からにらみを利かすおかみさんに渡す。席に座ってしばらくすると、掃除婦のような格好をしたおばさんだったり、通りすがり風のTシャツの兄ちゃんだったりが料理を運んでくる。店内は一見、混乱の極みだが、謎の力が働き、席の割り当ても注文も円滑に進む。

 料理は昔ながらのタイ料理で、普通サイズは80、90バーツくらいから。2人でトムヤムクン、トードマンプラー、ラープムーを頼み、会計は300バーツ程度だった。

 近辺は高級ホテルや米国大使館が建ち並ぶ場所で、この食堂だけが20、30年前にタイムスリップしたような奇妙な場所だ。
《newsclip》

注目ニュース

【グビナビ】 バンコク中華街のワインバー FoudeJoie @ FooJohn Buildingnewsclip

バンコクのジャルーンクルン通りソイ31というひっそりとした中華街の外れに昨年末、突然登場したこの店「FoudeJoie」。

【グビナビ】 辛旨いタイ南部料理「Khua Kling Pak Sod」 タイの口コミサイトでバンコク18位newsclip

バンコクのソイ・トンロー5通りにある「Khua Kling Pak Sod」。タイ南部チュムポン出身の家族が開いた南部タイ料理の店で、辛くてうまいタイ料理が食べたくなると、必ずここへ足が向く。

【グビナビ】パープルライン電車で遠出 バンコク郊外の川沿いレストランへnewsclip

バンコクの地下鉄MRT(都市鉄道ブルーライン)がタオプーン駅まで延伸し、都市鉄道パープルラインに接続した。これでバンコク都心のアソーク、シーロムから北郊のノンタブリ県への移動が一気に便利になった。

【グビナビ】 旧市街の名店「クルア・アプソン」 タイ・グルメ情報口コミサイトでバンコク13位  newsclip

バンコク首都圏で6店舗を展開するタイ料理店「クルア・アプソン」。

【グビナビ】 マングローブ林に囲まれた海上レストラン バンコク都心から40キロnewsclip

バンコクの南郊、サムットプラカン県にあるタイ軍の保養施設「バンプー・リクリエーションセンター」を訪れた。一般人にも開放されていて、海上レストランが人気だ。

【グビナビ】MSG不使用うたうタイ食堂「Pキッチン」newsclip

バンコク都心のスクムビット・ソイ18通りに立地し、MSG(うま味調味料)不使用を掲げるタイ料理店。

【グビナビ】 タイのグルメ口コミサイトでバンコク5位 「Jae Oh Khao Tom Pet」newsclip

外国人にあまり知られていない名店はないかと、タイのグルメ口コミ情報サイト「ウォンナイ」でバンコクのタイ料理店1万3267店中5位(2017年2月調べ)という「ジェーオーカオトムペット(Jae Oh Khao Tom Pet)」を訪...

【グビナビ】味のある一軒家タイ料理店 KRAM Cafe & Thai Kitchennewsclip

「涼しくなってきたので屋外でビール」という話になり、ネットで探し出したのがこの店。写真を見ると、築50年の一軒家を使ったタイ料理店で、良さげな庭がある。口コミサイトの評価もかなり高い。早速電話すると...

【グビナビ】 ビールとガイトード@Soi Polo Fried Chickennewsclip

「イサーン(タイ東北)料理でビール」ということで向かったのが「Soi Polo Fried Chicken」。



新着PR情報