RSS

西松建設、ラオスで賃貸工場

2018年1月10日(水) 20時00分(タイ時間)
第一期エリア1の画像
第一期エリア1
写真提供、西松建設
【ラオス】西松建設(東京都港区)はラオス南部チャンパサック県パクセー市のパクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区(開発総面積195ヘクタール)で賃貸工場を運営する。

 賃貸工場は1棟が7区画で構成され、1区画の面積は432平方メートル。入居企業の要望に応じて複数区画を提供することが可能。管理事務所棟に隣接し、共用の食堂棟を併設する。2018年5月供用開始の予定。

 西松建設は2015年12月からパクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区で工業団地の開発運営に参画。昨年8月に第一期エリア1(約13ヘクタール)の造成、インフラ工事が完了し、土地使用権の販売を開始、入居企業の工場建設が始まった。

 昨年12月には地元のチャンパサック職業訓練学校と人材紹介、雇用促進、職業訓練について相互に協力することで合意。同校は工業団地の入居企業に対し、卒業生を優先して紹介する。
《newsclip》


新着PR情報