RSS

双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入

2018年1月16日(火) 19時22分(タイ時間)
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・プラスティックの株式20%を取得し、ベトナムで包装資材製造事業に参入すると発表した。

 ランドン・ロンアン・プラスティックは双日プラネットの出資を受け、ベトナム南部のロンアン省に工場を新設。包装資材、合成皮革と加工品など幅広い製品を製造する。総投資額は約 36億円で、2018年3月の稼働を見込む。5年後までに年間売り上げ100億円を目指す。

 ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。今後コールドチェーンの発達や経済成長とともに、レジ袋などの汎用品から、付加価値の高い包装資材の普及も見込まれる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂世界最大手のタイ企業インドラマベンチャーズは10日、帝人と米デュポンの米国、欧州、中国のポリエステルフィルム事業を買収すると発表した。

【インドネシア】東洋紡(大阪市北区)は食品包装用の透明蒸着フィルムとパッケージ用ポリエステルフィルムの製造販売を手がける合弁会社2社をインドネシアに設立し、2019年11月に生産を開始する。

【ベトナム】プラマテルズ(東京都品川区)は19日、合成樹脂原料・製品の仕入れ、販売を手がける全額出資子会社「プラマテルズ・ベトナム」をベトナムに設立したと発表した。

【マレーシア】国際協力銀行(JBIC)は10日、衛生用品関連素材などを販売する新和産業(岐阜県岐阜市)のシンガポールの関連会社NEOXに対し、滋賀銀行と協調融資を実施すると発表した。JBICの融資...

【タイ】ユニチカ(大阪市中央区)はコンパウンド材、リサイクル材、原材料などの合成樹脂を販売する合弁会社を6日、バンコクで設立した。

【タイ】ユニチカ(大阪市中央区)は2017年4月をめどに、コンパウンド材、リサイクル材、原材料などの合成樹脂を販売する合弁会社をタイに設立する。

特集



新着PR情報