RSS

バンコク首都圏の路線バス民営化、最初の路線が運行開始

2018年1月17日(水) 13時14分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
【タイ】バンコク首都圏の路線バスを一部民営化する計画の第1弾として、16日、バンコク南郊のサムットプラカン県とバンコク都ラチャテウィー区を結ぶ民営路線バスが運行を開始した。

 区間はチャクリナルボディン医学研究所(サムットプラカン県バンプリ郡)とショッピングセンターのメガバンナー、高架鉄道エアポートレイルリンク・フワマーク駅、戦勝記念塔、ラマティボディ病院(バンコク都ラチャテウィー区)を結ぶ61キロで、乗車カード読取機、衛星利用測位システム(GPS)、車載カメラなどを装備した席数31のバス16台を運行する。運賃は13―25バーツで、1月20日までは無料。

 2月には2本目の民営化路線として、バンコクの西郊ナコンパトム県プタモントン郡ラチャモンコン工科大学ラタナコーシン校サーラヤー・キャンパスとバンコク都内の高架鉄道BTSモーチット駅を結ぶ路線(全長40キロ)の運行が始まる予定。

 バンコク首都圏の路線バスはバンコク大量輸送公社(BMTA)が独占事業権を持ち、自社と委託先のバスを運行してきた。タイ軍事政権は民営化によるバスサービスの向上が必要と判断し、2016年9月、BMTAの独占事業権をはく奪。運輸省陸運局が首都圏の路線バスを管轄し、運行会社の選定など民営化を進めた。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクバスターミナル、悪質タクシーで苦情newsclip

【タイ】バンコクバスターミナル(ジャトゥジャク)(通称、モーチット2)でタクシーが別方向に向かう客を同乗させた上、メーターの使用を拒否して高額の運賃を要求したという苦情があり、タイ運輸省陸運局が1...

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は11日、バス料金の値上げを国営企業政策委員会に申請すると発表した。

バンコクの路線バス公社、天然ガスバス489台発注newsclip

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は27日、タイの特殊車メーカー、チョータウィーと天然ガスの圧縮・輸送などを手がけるスキャン・インターの合弁会社SCN―CHO...

バンコクの路線バス運転手、危険運転で罰金5000バーツnewsclip

【タイ】タイ運輸省陸運局は13日、危険な運転をしたとして、バンコクの路線バス運転手のタイ人男性に5000バーツの罰金を科し、安全運転に関する3時間のテレビ講習を受講させた。

【タイ】バンコク・バスターミナル(ジャトゥジャク)の運営を委託していた民間企業スピードアイディアが契約期間の終了後も居座っているとして、同ターミナルを所有するタイ運輸省傘下の長距離路線バス会社トラ...

特集



新着PR情報