RSS

マツダ、タイのエンジン機械加工工場開所

2018年1月21日(日) 21時00分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、マツダ
 の画像
 
写真提供、マツダ
 の画像
 
写真提供、マツダ
 の画像
 
写真提供、マツダ
 の画像
 
写真提供、マツダ
【タイ】マツダは19日、タイ東部チョンブリ県のパワートレイン生産拠点マツダパワートレインマニュファクチャリング(タイランド)のエンジン機械加工工場が開所したと発表した。

 マツダはタイでの生産体制拡充に向け、エンジン機械加工工場を新設するとともに、エンジン組立工場の生産能力を増強し,エンジンの年産能力を3万基から10万基に拡大した。投資額は221億円。

 今後、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の量産を開始するとともに、同エンジンを従来の出荷先であるタイに加え、マレーシアとベトナムにあるマツダ車生産拠点に輸出する計画だ。
《newsclip》

特集



新着PR情報