RSS

野村不動産、ホーチミンシティの賃貸オフィスに出資

2018年1月22日(月) 19時16分(タイ時間)
サンワータワーの画像
サンワータワー
写真提供、野村不動産
【ベトナム】野村不動産(東京都新宿区)は22日、ホーチミンシティの高級オフィスビル「サンワータワー」の持ち分24%を取得したと発表した。

 「サンワータワー」はホーチミンシティ1区の目抜き通りであるグエンフエ通りに面し、敷地面積約1700平方メートル、延床面積約3万2000平方メートル、地上21階。清水建設が施工し、1997年に竣工した。日系企業を中心とした外資系テナントが約85%を占め、2017年12月時点で入居率は約99%だった。周辺にはオフィスビル、高級ホテル、オペラハウス、人民委員会庁舎などがある。

 野村不動産はバンコクで分譲住宅およびサービスアパート、ホーチミンシティと中国・瀋陽で分譲住宅、マニラで分譲住宅と商業施設からなる複合開発案件に参画している。
《newsclip》

注目ニュース

野村不動産、バンコク・トンロー地区でサービスアパート開発newsclip

【タイ】野村不動産(東京都新宿区)はタイの不動産デベロッパー、オリジン・プロパティーと共同で、バンコクの高架鉄道BTSトンロー駅から徒歩10分の場所にサービスアパートを開発する。

野村不動産、バンコクでマンション3プロジェクト 2000戸超開発newsclip

【タイ】野村不動産(東京都新宿区)はタイの不動産デベロッパー、オリジン・プロパティーと合弁で、バンコクでマンション3プロジェクト、計2000戸超を開発する。

野村不動産と三越伊勢丹HD、マニラ首都圏でタワマンと商業施設開発newsclip

【フィリピン】野村不動産(東京都新宿区)と三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区)はフィリピンの不動産大手フェデラル・ランドと合弁会社を設立し、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバル・シティ(B...

特集



新着PR情報