RSS

バンコク首都圏鉄道新路線、NECが通信システムなど受注

2018年1月22日(月) 19時16分(タイ時間)
【タイ】NEC(日本電気)は22日、三菱重工業、日立製作所、住友商事の3社からなるコンソーシアムから、バンコク首都圏の都市鉄道新路線レッドラインの通信システム、監視カメラシステム、駅構内放送システム、駅構内時計設備を受注したと発表した。

 レッドラインはバンコク北部のバンスー駅を起点に北に26.4キロ、西に14.6キロ伸びる高架鉄道で、2020年完成の予定。2016年に三菱重工、日立、住友商事が鉄道システム一式の設計・建設を事業主体のタイ国鉄から受注した。
《newsclip》

注目ニュース

タイの高速鉄道計画で起工式、中国の技術で建設運営newsclip

【タイ】タイのプラユット首相は21日、中国の技術を導入して建設運営する高速鉄道の起工式をタイ東北部ナコンラチャシマ県パクチョン郡で行った。中国側からは王暁濤中国国家発展改革委員会副主任が出席した。

バンコク都市鉄道ブルーライン、延伸区間の運行開始 都心と北西郊外接続newsclip

【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道ブルーライン(地下鉄MRT)北西端のバンスー駅と都市鉄道パープルライン南端のタオプーン駅を結ぶブルーライン延伸区間の運行が11日正午過ぎに始まった。延伸区間は全長1...

バンコク北郊と南郊接続 都市鉄道23キロ延伸、2023―24年開業目指すnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は25日の閣議で、バンコク首都圏の都市鉄道パープルラインの南側延伸区間の建設を承認した。完成すると、バンコク北郊のノンタブリ県と南郊のサムットプラカン県が鉄道で接続される。



新着PR情報