RSS

高架鉄道バンコク空港線、始発午前5時半に

2018年1月23日(火) 20時15分(タイ時間)
 の画像
 
 
【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架鉄道エアポートレイルリンクは2月1日から、運行開始時間を午前6時から午前5時半に早め、1日の運行本数を平日で5本、休日で3本増やす。

 通勤、通学客の増加に対応するためで、運行終了時間は午前0時で据え置く。

 エアポートレイルリンクは2010年に正式開業した。全長28キロ、全8駅で、スワンナプーム空港とバンコク都内を15―30分で結ぶ。1日の乗客数は平日7万―8万人、休日5万人程度。

 タイ国鉄の子会社が運営し、故障が多いことで知られる。22日にもフワマーク駅で列車が故障で立ち往生し、運行が大きく遅れた。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクエア、スワンナプーム空港国際線ラウンジを移転拡張newsclip

【バンコク】タイの民間航空会社バンコクエアウェイズはバンコク郊外のスワンナプーム国際空港にある自社国際線ラウンジを移転、拡張し、22日にオープンした。

バンコク・スワンナプーム空港のサイクリングロード、23日に一部再オープンnewsclip

【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム空港のサイクリングロード「スカイレーン・タイランド」(全長23・5キロ)が12月23日に一部区間を再オープンする。開場時間は午前6時―午後7時。

【タイ】情報通信機器の輸入販売などを手がけるタイ企業インターリンク・コミュニケーションは22日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港の全自動無人運転車両(APM)システムの納入・敷設を同社を中心と...

【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で19日から、シンガポール人が出入国の自動化ゲートを利用できるようになった。自動化ゲートを利用できるのはこれまでタイ人だけだった。

特集



新着PR情報