RSS

バンコクの東急百貨店で日本の農水産品販売、ヤマトなど4社が連携

2018年1月25日(木) 05時00分(タイ時間)
【タイ】ヤマトグループなど4社は日本の農水産品のタイへの輸出、現地での販売をトータルで提供するサービスを開始し、24日、バンコクのバンコク東急百貨店パラダイスパーク店に販売店「47 Fresh From JAPAN」をオープンした。

 ライヴス(東京都渋谷区)が日本での農水産品の買い取り、輸出、マーケティング、ヤマトグループが日本、タイでの輸送、商品提案、メディエーター(バンコク)がタイでの輸入、プロモーション、店舗の設営、運営、販売を担当。バンコク東急百貨店パラダイスパーク店を運営するPTリテール・コーポレーション(バンコク)が販売場所を提供する。

 当初は果物を中心に販売し、将来的には魚介類、加工食品に広げる。ヤマトグループのタイの宅急便ネットワークを活用し、電子商取引で注文を受けた商品をタイの消費者に直接届けるサービスも検討する。

 日本の食品産業市場は少子高齢化、人口減少にともない縮小が見込まれる。一方、タイでは日本食が人気で、安全で高品質な日本食材へのニーズも高まっている。ただ、日本の生産者が独自にタイへの販路を切り開くのは、煩雑な輸出入手続きや現地での販売先の開拓、言語の壁などが障害となっていた。今回のサービスで、日本の生産者はライヴスへの国内販売取引のみでタイでの販売が可能となる。
《newsclip》

注目ニュース

水耕野菜の6割超から残留農薬 タイ消費者団体調査newsclip

【タイ】タイの消費者団体「タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)」は22日、市販されている水耕栽培の野菜30サンプルの検査を実施し、19サンプルから基準値を超える残留農薬が検出...

【タイ】タイの消費者団体「タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)」は21日、市場、スーパーなどで販売されていた野菜、果物の残留農薬の調査を8月に実施し、サンプルの多くから...

タイのリンガーハット、全店で日本産野菜導入newsclip

【タイ】リンガーハットは長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「とんかつ浜勝」のタイの店舗全店でキャベツを日本産に切り替えた。値段は「長崎ちゃんぽん(S)」が99バーツからと据え置...

アライドコーポレーション、タイの飲食店に日本産鮮魚販売newsclip

【タイ】食品商社アライドコーポレーション(横浜市)のタイ法人バンコクフードシステムは11月下旬から、日本産の鮮魚をタイの飲食店向けに販売する。



新着PR情報