RSS

タイ陸軍、新規導入の中国製戦車披露

2018年1月26日(金) 03時00分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】タイ陸軍は24日、新たに導入した中国製のVT―4戦車をタイ中部サラブリ県の演習場で報道陣に披露した。走行、砲撃などを実演し、中国製兵器の性能に関する懸念の払拭を図った。

 タイ陸軍は2016年にVT―4戦車28台を50.2億バーツで購入。今後、20台を追加購入し、計48台とする計画だ。

 2014年のクーデターで発足したタイ軍事政権は国防予算の増額、大型兵器の購入に力を入れている。特に中国製兵器の購入に熱心で、これまでに、VT―4のほか、S6T型潜水艦1隻、VN―1歩兵戦闘車34台などの購入契約を結んだ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ軍事政権は11日の閣議で、韓国航空宇宙産業製のジェット練習機T―50TH型機8機のタイ空軍による購入を承認した。予算は89億バーツ。

特集



新着PR情報