RSS

バンコクの9店、法令違反で5年間営業停止 深夜営業、未成年者に酒など

2018年2月2日(金) 02時15分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は1月30日、バンコク都内のナイトクラブ、バー9店に対し、5年間の営業停止処分を下した。

 営業停止処分を受けたのは「バンパイア・カラオケ」、「モンテカルロ」など。警察は、未成年者に酒を出す、法令で定められた閉店時間後も営業するなどの違反があったとしている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ当局は21日未明、東部チョンブリ県シラチャー郡のパブ「クラブナイン」の手入れを実施し、麻薬摂取などで95人を逮捕した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ当局は18日未明、バンコク都内スクムビット22のホテル「ホリデイ・イン・バンコク・スクムビット」があるビル内のパブ「タリー・ゲット・ハイ」の手入れを実施し、尿検査...

バンコク都内のパブ手入れ、麻薬使用で2人逮捕newsclip

【タイ】タイ当局は10日午前2時ごろ、バンコク都ワントンラン区のパブ「フュージョンパブ」の手入れを実施し、尿検査で麻薬の陽性反応が出た2人を逮捕した。

バンコク郊外のパブ2店手入れ、営業停止5年newsclip

【タイ】タイ当局は18日、バンコク南郊サムットプラカン県のパブ「シャークパブ」と「ザ・チーク」に無許可営業などで5年間の営業停止処分を下した。

バンコクのパブ2店に営業停止命令、未成年が飲酒newsclip

【タイ】23日午前0時30分ごろ、バンコク東部のパブ2店が当局の手入れを受け、20歳未満に酒を販売したり、酒の販売プロモーションを行ったなどとして、5年間の営業停止処分を受けた。

タイ東部パタヤでパブ、カラオケ手入れ 32人から麻薬反応newsclip

【タイ】タイ当局は6日午前4時半ごろ、兵士、警官を動員して、東部パタヤ市のパブ「アップルパブ」の手入れを行った。

特集



新着PR情報