RSS

タイ航空 3月25日から成田、中部増便

2018年2月5日(月) 22時03分(タイ時間)
【タイ、日本】タイ国際航空は2018年の夏期スケジュール(2018年3月25日―10月27日)で、成田―バンコク、中部―バンコクをそれぞれ毎日1往復増便する。

 成田―バンコクは毎日4往復、中部バンコクは毎日2往復となる。羽田―バンコクは毎日2往復で据え置く。

 成田―バンコクの新たな便は▼成田発午前9時45分、バンコク着午後2時15分▼バンコク発午後11時35分―成田着午前7時45分。使用機材はエアバスA330―300(ビジネスクラス36席、エコノミークラス263席)

 中部―バンコクの新たな便は▼中部発午前0時30分、バンコク着午前4時30分▼バンコク発午前10時45分、中部着午後6時40分。使用機材はボーイング787。
《newsclip》

注目ニュース

タイ航空、日本路線にA350投入newsclip

【タイ】タイ国際航空は17日から、欧州航空機大手エアバス製の新世代中型ワイドボディ旅客機、A350XWB型機(ビジネスクラス32席、エコノミークラス289席)をバンコクと成田、羽田、関西を結ぶ路線...

【タイ】タイのテレビ報道によると、カラチのジンナー空港で23日、過激派組織「イスラム国」(IS)のメンバーとみられるマレーシア人の男(20)がカラチ発バンコク行きのタイ国際航空342便の機内にけん...

タイ航空がフードトラック、機内の軽食提供newsclip

【タイ】タイ国際航空は15日、サラダ、サンドイッチといった同社の機内食を移動販売するフードトラックのお披露目を行った。

【タイ】タイ国際航空は14日、同社が運航する総2階建て超大型旅客機A380―800型機1機の運航を一時中止すると発表した。

【タイ】タイ国際航空は7―9月期決算の最終赤字が18・3億バーツとなり、前年同期から赤字幅が14%拡大した。



新着PR情報