RSS

タイ国道設備の盗難被害、17年は710万バーツ相当

2018年2月9日(金) 09時15分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国道局
【タイ】タイ運輸省国道局によると、国道設備の2017年の盗難被害額は約710万バーツだった。

 被害額が最も多かったのは電線で409万バーツ。変圧器59万バーツ、電気機器35万バーツ、信号機35万バーツなど、電気関連が被害の大半を占めた。

 都県別の被害額はバンコク都が231万バーツと最多で、次いで中部ロッブリ県129万バーツ、南部ソンクラー県123万バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

国道に野生ゾウ出没、タイ東部チャチュンサオ県newsclip

【タイ】タイ運輸省国道局は20日、タイ東部チャチュンサオ県のサナームチャイヤケート郡、タータキヤップ郡を通る国道3076号線、3259号線の一部区間に野生ゾウが出没しているとして、ドライバーに注意...

タイ国道局事務所にテント設置場所 ドイ・インタノン山観光で便宜newsclip

【タイ】タイ運輸省国道局は6日、北部チェンマイ県のドイ・インタノ国立公園を訪れる観光客に便宜を図るため、ドイ・インタノン山のふもとの国道局ジョムトーン事務所の駐車場を開放し、テントの設置場所を設け...

土砂崩れで国道崩落 タイ南部パンガー県newsclip

【タイ】タイ当局によると、5日から6日にかけ、南部のパンガー県、スラタニ県、クラビ県、東北部ノンカイ県などで強い雨が降り、パンガー県では国道401号線が山中の区間で土砂崩れで崩落し、通行止めとなった。

タイ東北の国道24号線、新区間が開通newsclip

【タイ】タイ東北部の国道24号線のブリラム県ナンロン郡―スリン県プラサート郡間(全長66・7キロ)が完成し、26日、開通式が行われた。往復4車線、建設費は約20億バーツ。

特集



新着PR情報