RSS

丸紅と新潟トランシス、ミャンマー国鉄から24両受注

2018年2月12日(月) 04時30分(タイ時間)
【ミャンマー】丸紅とIHIのグループ会社である新潟トランシスはヤンゴン―マンダレー幹線鉄道向け電気式気動車(ディーゼルエンジンで発電した電力を使ってモーターで動力を生み出すシステムの車両)24両をミャンマー国鉄に納入する。

 9日に契約に調印した。受注額は約70億円。丸紅はコンソーシアムのリーダーとして商務全般を、新潟トランシスは気動車の設計、製造、試験、教育訓練などを担当する。

 日本政府が円借款450億円を供与する「ヤンゴン―マンダレー鉄道整備事業フェーズ1」(ヤンゴン―マンダレー間の既存路線の老朽化した設備を改修・近代化する事業)のパッケージの1つ。気動車はヤンゴン―マンダレーの中間地点であるタングーとヤンゴンを結ぶ約267キロの幹線鉄道に導入され、現在約7時間の同区間の所要時間を3時間20分に短縮する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】情報通信機器の輸入販売などを手がけるタイ企業インターリンク・コミュニケーションは22日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港の全自動無人運転車両(APM)システムの納入・敷設を同社を中心と...

三菱商事、フィリピンで鉄道車両受注内定newsclip

【フィリピン】三菱商事は20日、マニラLRT(主に都市内で運行される近代型の軽量軌道交通)1号線向けの鉄道車両の受注内示をフィリピン運輸省から受けたと発表した。

バンコクの都市鉄道レッドライン 三菱重工、日立、住商が受注newsclip

【タイ】住友商事は30日、三菱重工業、日立製作所と共同で、バンコクの都市鉄道レッドラインの鉄道システム一式の設計建設(土建を除く)をタイ国鉄(SRT)から受注したと発表した。

特集



新着PR情報