RSS

日本政府、タイ北部で耐震校舎建設支援 14年のM6.3地震で損傷

2018年2月14日(水) 01時45分(タイ時間)
メーラーオ校の幼稚園児たちの画像
メーラーオ校の幼稚園児たち
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
地震でずれが生じた基礎の画像
地震でずれが生じた基礎
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
署名式の画像
署名式
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
署名式の画像
署名式
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
【タイ】日本政府はタイ北部チェンライ県メーラーオ郡のアヌバーンメーラーオ校の耐震校舎建設に730.3万バーツ(約2280万円)の無償資金協力を行う。13日、在チェンマイ日本総領事館で署名式を行った。

 2014年5月にアヌバーンメーラーオ校の半径約2キロを震源地とするマグニチュード(M)6.3の地震が発生し、同校の幼稚園棟が大きな損傷を受けた。予算不足で校舎の建て替えができないまま、建物の老朽化が進み、安全への懸念が強まっていた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍、チェンライのミャンマー国境で5人射殺 覚醒剤190万錠押収newsclip

【タイ】10日早朝、タイ北部チェンライ県のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が麻薬密輸業者とみられる武装した男約20人と銃撃戦になり、5人を射殺し、覚醒剤約190万錠を押収した。タイ...

【タイ】20日午後4時ごろ、タイ北部チェンライ県チェンセン郡で、清掃作業のためサイロの排水溝に下りた作業員のタイ人男性3人(46、41、35)が次々に倒れた。約2時間後、酸素マスクをつけた救急隊員...



新着PR情報