RSS

壁なし、エアコンあり タイ公共施設で汚職疑惑

2018年2月15日(木) 03時15分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ南部ナコンシータマラート県のレームタルムプク禁猟区に建設された多目的施設が、壁が2面しかないにも関わらず、エアコン4台が設置されていたことが明らかになり、県当局が汚職調査に乗り出した。

 施設は建物2棟と貯水タンクなどからなり、「自然観察」などを目的として、県の予算2270万バーツを投じて建設された。建物は天井と壁2面だけで、風が吹き抜ける構造だが、天井にエアコン計4台が設置されている。昨年9月に「完成」したとされ、施工業者に全額が支払われた。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】国際NGO(非政府組織)のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)が各国・地域の汚職の度合いを数値化した「腐敗認識指数(CPI)」の2015年版で、タイは調査対象の...



新着PR情報