RSS

ビエンチャンで日本人向けサービスアパート開業

2018年2月15日(木) 22時54分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、マルイマ
 の画像
 
写真提供、マルイマ
【ラオス】マルイマ(神奈川県横須賀市)は15日、ビエンチャン市内のホテルに隣接するマンション「SKY VIEW CONDO @ Muong Thanh Luxury Vientiane」の24階と21階を改装し、日本人向けサービスアパートとして開業したと発表した。

 2ベッドルーム(63.6―77.4平方メートル)で、ベッド、ソファー、ダイニングテーブル、食器、エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、テレビなどの家具、家電付き。隣接する高級ホテル「Muong Thanh Luxury Vientiane」のプール、ジムなどが利用できるほか、現地スタッフが日本語で対応する。家賃は月1200―1500ドル(2018年2月現在)。

 ビエンチャンでは外国人駐在員が増加し、国際的な水準の住居の供給が不足している。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】ホテル大手の英インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)が運営するホテル「ホリデイ・イン&スイート・ビエンチャン」(客室数250)が2019年にビエンチャンで開業する予定だ。

【タイ】タイでカセムラート病院5館など病院10館を運営するバンコク・チェーン・ホスピタル(BCH)は2020年までに病院4館を新たに建設する計画だ。投資額は計33億バーツ。

京都市、ビエンチャンに市バス34両寄贈newsclip

【ラオス】京都市は平成27年度末で使用を終了した市バス34両をラオスの首都ビエンチャンに寄贈する。11月29日、京都市役所で贈呈式を行った。



新着PR情報