RSS

住友倉庫、タイ東部レムチャバンで第2期倉庫

2018年2月19日(月) 03時00分(タイ時間)
【タイ】住友倉庫は15日、タイ子会社のスミソウ(レムチャバン)がタイ東部チョンブリ県レムチャバン地区で第2期倉庫の建設に着手したと発表した。延床面積9984平方メートル、2018年11月竣工の予定。

 住友倉庫グループはタイで、バンコク、中部アユタヤ、レムチャバン、スワンナプーム国際空港に拠点を置き、物流業務全般を取り扱っている。このうちレムチャバンでは2016年10月に竣工した1期倉庫が順調に稼働。同地区はタイ最大の貿易港、レムチャバン港を抱え、周辺に多くの工業団地が立地しているため、今後も物流需要が伸びると判断した。

 第2期倉庫が完成すると、レムチャバン地区の自社倉庫延床面積は合計で約2万平方メートルになる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】近鉄エクスプレス(東京都港区)のタイ子会社キンテツ・ロジスティクス(タイランド)が東部プラジンブリ県のロジャナ工業団地に建設した倉庫が12月1日、開業した。

【タイ】日本通運のタイ子会社、日通ロジスティクスタイランドはタイ東部チョンブリ県のアマタナコン工業団地に新倉庫を建設する。敷地面積7万2064平方メートル、倉庫面積2万9950平方メートルで、20...

【タイ】住友倉庫(大阪市北区)のタイ子会社ロジャナディストリビューションセンターは中部アユタヤ県のロジャナ工業団地内に4棟目の倉庫を建設する。延床面積3236平方メートルで、2018年5月開業の予定。

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を...

特集



新着PR情報