RSS

タイ南部のビーチに猛毒カツオノエボシ、23人刺される

2018年2月21日(水) 03時30分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
【タイ】タイ湾に面したタイ南部ソンクラー県のチャラータットビーチで、17日から19日に、海に入った23人が猛毒のカツオノエボシに刺された。地元当局は同ビーチ周辺で海に入らないよう呼びかけている。

 カツオノエボシは青い浮き袋から多数のひもが垂れ下がったような形で、刺されると激痛が走り、刺された跡がミミズばれになる。ショックで死亡した例もある。
《newsclip》

注目ニュース

猛毒カツオノエボシ ピーピー島、パンガーにもnewsclip

【タイ】タイ南部のアンダマン海側のプーケット島、ピーピー島などで、猛毒のカツオノエボシ多数が岸に漂着しているがみつかり、地元当局が当該地域の海に入らないよう警告している。

プーケットのビーチ3カ所で遊泳禁止 猛毒カツオノエボシ出現でnewsclip

【タイ】タイ南部プーケット島のシリナート国立公園当局は23日、公園内の海で猛毒のカツオノエボシがみつかったとして、同公園内のナイトンビーチ、ラヤンビーチ、ナイヤンビーチで海に入ることを禁止した。

特集



新着PR情報