RSS

バイオマス燃料のABM、タイ2部上場

2018年2月28日(水) 01時00分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、The Way Communications Co.,Ltd
 の画像
 
写真提供、SET
【タイ】パームヤシ殻、木質チップ、木質ペレットといったバイオマス燃料を扱うタイ企業アジア・バイオマスが27日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

 銘柄コードは「ABM」。公開価格1.8バーツ、初日終値は2.04バーツだった。

 新規株式公開(IPO)で調達した1億2300万バーツは設備投資、運転資金などに充てる。

 2009年設立。従業員約190人。2017年1―9月期は売上高9億4193万バーツ、最終利益1100万バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】大和ハウスグループのフジタ(東京都渋谷区)は30日、ミャンマー中部のエーヤワディ管区ミャウンミャ県ミャウンミャでバイオマス発電事業に取り組むと発表した。

IHI、マレーシアで固体バイオマス燃料製造newsclip

【マレーシア】IHI(東京都江東区)は26日、アブラヤシ由来のバイオマス(再生可能な生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの)燃料製造に関する商用実証に取り組むと発表した。石炭に代わる発電燃料...

特集



新着PR情報