RSS

北海道のメガソーラー、商業運転開始 タイ企業が開発運営

2018年3月5日(月) 08時44分(タイ時間)
【日本】太陽光発電事業を手がけるタイ企業スームサーン・パワー・コーポレーションは1日、北海道で同社が開発運営する大規模太陽光発電所(メガソーラー)、ヒダカ・ソーラー・パワー・プラントが同日、商業運転を開始したと発表した。

 出力21メガワットで、北海道電力に売電する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東芝エネルギーシステムズは13日、太陽光発電設備の設置販売を手がけるタイ企業エイトソーラーから、合計出力6メガワットの太陽光モジュールを受注したと発表した。タイの大手ホームセンター、ホーム...

日本の5カ所で太陽光発電プロジェクト SSP、タイ2部上場newsclip

【タイ】太陽光発電事業を手がけるタイ企業スームサーン・パワー・コーポレーションが27日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

【タイ】DIC(東京都中央区)は22日、合成樹脂を製造販売するタイ子会社サイアムケミカルインダストリーが出力約700キロワットの太陽光発電設備を導入し、8月に運用を開始したと発表した。

シャープ、タイでスーパーの屋根置き太陽光発電システム受注newsclip

【タイ】シャープは22日、タイの大手スーパーマーケットチェーン、ビッグCの店舗や倉庫の屋根に設置する太陽光発電システムを同国の発電事業者インパクト・ソーラーから受注したと発表した。

【マレーシア】サイトスタイル・システムズ(東京都新宿区)のマレーシア子会社アクアグリーンテックは24日から、日系工場に太陽光発電システムを無料で設置し、削減できた電気代から導入費用を回収する事業を...

イオン、タイの2店舗に太陽光発電設備newsclip

【タイ】イオンはタイの2店舗の屋上に太陽光発電設備を設置し、3月に稼働した。発電した電力はイオン直営売場で使用する。



新着PR情報