RSS

日揮、ベトナムでメガソーラー受注

2018年3月6日(火) 00時15分(タイ時間)
建設予定地の画像
建設予定地
画像提供、日揮
【ベトナム】日揮(横浜市西区)は5日、ベトナム中南部ザライ省で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設計、機材調達、建設工事を同国の複合企業TTCグループの合弁会社から受注したと発表した。

 出力49メガワット(ベトナムの一般家庭約4万7000世帯の年間使用電力量に相当)、敷地面積約75ヘクタールで、納期は2018年秋。
《newsclip》

注目ニュース

【日本】太陽光発電事業を手がけるタイ企業スームサーン・パワー・コーポレーションは1日、北海道で同社が開発運営する大規模太陽光発電所(メガソーラー)、ヒダカ・ソーラー・パワー・プラントが同日、商業運転...

【ベトナム】シャープは26日、出力約48メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)をベトナムの複合企業TTCグループから受注したと発表した。

ミャンマー中部のメガソーラー、第1期が稼働newsclip

【ミャンマー】ミャンマー中部ミンブ県で開発中の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の第1期(出力50メガワット)が完成し、4日、現地で運転開始式典が行われた。

五島列島宇久島のメガソーラー計画再始動 出力480メガワット、タイ企業が出資検討newsclip

【日本】九電工、京セラ、タイの太陽光発電事業会社SPCGなど8社は24日、長崎県佐世保市宇久島 (面積2493万平方メートル、人口約2000人)で最大出力480メガワットの太陽光発電所(メガソーラー)を建設運営する構...

【日本】タイ国営石油会社PTT傘下の電力会社GPSCは15日、同社が99%出資する岩手県一関市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)が商業運転を開始したと発表した。出力25・9メガワットで、20・8...

【ミャンマー】タイとシンガポールの企業グループがミャンマー中部ミンブ県で出力220メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発運営する。



新着PR情報